インコの性質・4つのポイントについて

インコの性質・特性

近年のインコブームで、インコをペットとして飼われる人が増えています。

インコは、一緒に生活するパートナーとして素晴らしい存在です。

犬や猫などの一般的なペットにはない魅力があります。

しかし、インコは鳥類で、性質や習性が私たち哺乳類とは違います

また、インコは種類よって、生態や習性も違っています。

そこで、様々なインコに共通する性質・特性について

ペットとしてお迎えを考えている人に、紹介したいと思います。

インコの性質・特性

1.仲間と一緒に過ごすのが好き
2.群れはタテ社会ではなく、ヨコ社会
3.高いところが安心する
4.決まったリズムで生活する

インコの性質・特性

1.仲間と一緒に過ごすのが好き

インコは野生下で、敵から身を守るために仲間と群れを形成し、

暮らしています。そのため、仲間と一緒にいることで安心します。

同じ行動をしたり、一緒に食事することで、仲間と信頼関係を構築します。

 

2.群れはタテ社会ではなく、ヨコ社会

インコの群れは序列が存在するピラミッド型社会ではなく、

仲間同士で順位争いがない平等な横社会です。

そのため、飼い主は主人というよりも友達という存在です。

 

3.高いところが安心する

野生のインコは外敵に襲われないように、木の高いところで過ごしています。

そのため、本能的に高い位置に安心を覚えます。コミュニケーションとるときは

できるだけ対等な目線で向き合えるような体勢をとることが大切です。

 

4.決まったリズムで生活する

インコは日の出とともに起床し、日没になると就寝する昼型の生き物です。

現代の人間生活とは生活習慣が異なるため、難しいですが、できるだけ

飼い主はインコの生活リズムを配慮してあげる必要があります。

 

インコ全般に共通する性質について今回紹介しました。インコには、

他にも色々な性質がありますが、代表的なものをあげてみました。

インコを迎える人は、お伝えした4つの性質を心に留めておいて下さい。

その上で、お迎え準備や、インコとの生活を思い描いてみましょう♪

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*