お迎え2日目以降の対応方法―インコとの距離を縮めていきましょう。

お迎え2日目以降にインコとの距離を縮める

今回の記事は、インコのお迎え初日を終え、一夜明けたところ後のお話です。(お迎え初日の対応方法についてはこちらを参照してください。)

お迎え2日目以降にインコとの距離を縮める

一晩、お家で過ごしたことで、インコも少し落ち着き始めたかと思います。インコの緊張も和らいでいるかと思いますので、お迎えしたインコの名前を呼んでみましょう。この時、あまり大きな声で呼ぶと驚いてしまいますので、優しく呼びかけましょう。また、昨日用意したお水やごはんが減っているか確認しましょう。交換する際は、無言で交換はせずに、必ず、声をかけながら、水とごはんを入れ替えましょう。

好奇心の強い・人懐っこいインコの場合、ケージから出して触れ合うこともできますが、たいていのインコは、飼い主さんが仲間なのか、決めかねている状態かと思います。そのため、まだ、ケージの外に出して触れ合うことは控え、ケージの近くで、本を読んだり、静かにケージを眺めたりして、インコが飼い主さんを安心・安全な存在だという認識をもってもらいましょう。

インコが飼い主さんを仲間と認識するようになったら、ケージの外に出してみましょう。出す前に必ず、窓・扉は開いていないか、まわりにインコに危険なものがないか確認しましょう。また、ケージの外に出した時の注意点は、以下の2点です。

・最初は短時間だけ出す(徐々に外に出す時間を増やす)

・ケージに戻すときは無理やり戻さない

特に2番目は、インコが恐怖心を抱いてしまうと、ケージから出した後、戻そうとすると逃げるようになります。しっかり、インコが自主的に戻るように、時間をかけてあげましょう。外に出した時に、手は怖がっていないか、好奇心は強そうかなどインコを観察して、どんな性格か見極めましょう。

飼い主さんに慣れてきたら、おやつを手からあげてみたりして、少しずつ距離を縮めていきましょう。インコは恐怖した経験を忘れません。一度でも飼い主さんを怖いと思うと、信頼関係を構築するのにはとても時間がかかります。インコが恐怖心を抱かないよう、優しく触れ合いましょう。

 

お迎えしたインコが家族になった直後は、うれしさのあまり、飼い主さんが長時間、インコに構ってしまいがちです。それは、まだ、緊張しているインコにとって負担になることがあります。飼い主さんはインコのペースに合わせて、ゆっくり・じっくりインコのお世話をしていくように心がけましょう。

 

にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*