【鳥ビア】鳥は唐辛子の辛さを感じない!?

インコはトウガラシを食べる

今回、紹介する鳥ビア(トリビア)は、インコの味覚に関するものです。

インコの副菜用の食べ物として、ペットショップに行くと、さまざまな商品が
売られています。ボレー粉やイカの甲といったカルシウムを補うものや、
小松菜パウダーやドライフルーツなどビタミンを摂取するものまで色々あります。
そんな中に、鳥用に唐辛子が売られています

インコの副食の唐辛子

唐辛子といえば、キムチやカレーの辛さを調整するために使われるみなさんご存じの辛い食べ物です。そんな食べ物をインコに与えてしまって、大丈夫なのでしょうか?

・トウガラシを食べて、口が辛くなり、水を大量摂取してしまわないか・・・・
・唐辛子の辛さで胃が炎症してしまわないか・・・

という心配をされる愛鳥家の方もいらっしゃるかと思います。
ただ、実は心配ありません。鳥はトウガラシを食べても辛さを感じないんです

というのも、唐辛子の辛さは、カプサイシンという成分によるものです。人間などの哺乳類の場合は、カプサイシンを摂取すると、体内にあるカプサイシン受容体と結合し、その結果、「辛い」という感覚が生じます。しかし、鳥にはこのカプサイシン受容体が体内にありません

それは、生物の進化の不思議がもたらしたものです。唐辛子は、子孫を広げるために、哺乳類に食べられることよりも、鳥類に食べられることを選びました。

○哺乳類が摂取した場合

・種子が排出されずに、消化されてしまうこともある

・移動距離も短いので、遠くにまで子孫を広げることができません。

○鳥類が摂取した場合

・種子が消化されにくく、フンとして排出されやすい

・飛行によってより遠くに運ばれる

この2点から、唐辛子は鳥類に食べられることを望みました。その結果、哺乳類は反応し、鳥類は反応しない辛みを感じるカプサイシンを生み出したようです。哺乳類は辛みを感じて、危険な食べ物と認知し、辛みを感じない鳥だけが食べるようになりました。

そのため、鳥はいくらトウガラシを食べても口が辛くなって水を飲む必要はないのです。

インコはトウガラシを食べる

しかも、この唐辛子は、ビタミンなどの栄養価がかなり優れており、おやつや副菜として与えるのが有効です。

辛いのが苦手な人は、こんなに辛い唐辛子をインコが食べられるわけない、と思うかもしれません。ですが、実はそんな心配をお構いなしに、トウガラシが好きなインコはバクバクと食べます。しかも、栄養が充実しているので、飼い主さんもうれしい食材です。ですので、今回の鳥ビアを知った方は、心配せずにトウガラシをインコにあげてみましょう。

 

にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ

1 Trackback / Pingback

  1. インコの副食「唐辛子」をあげてみました~鳥は辛さを感じない | オキナインコのハロー!ハロちゃん♪

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*