【中型インコ】チャノドメキシコインコ(サントメインコ)のデータ・性質・特徴について

チャノドメキシコインコ(サントメインコ)の画像

チャノドメキシコインコは、別名サントメインコとも呼ばれる、コガネメキシコインコやナナイロメキシコインコと同じ南米出身のクサビオインコ属のインコです。クサビオインコの中でも、日本での知名度は低く、googleの検索ヒット数も3000件を下回っています。(2016年10月現在、コガネメキシコは6万件ヒット)そのため、飼育本やWebサイトなどでも情報が集めにくい種類のインコです。

※特徴や性格は個体差があります。性別や年齢によっても大きく異なることもあります。

■チャノドメキシコインコの性質・特徴
チャノドメキシコインコは、その名前の通り、顔から首にかけての茶色の羽が特徴です。体全体としては、他のクサビオインコと同様に、緑色を中心とカラーで、脚部付近に黄色に近づき、風切羽は青色になっています。身体の大きさも、他のメキシコインコに比較すると、小さめです。そのため、他のメキシコインコと比べると、鳴き声はそこまで大きくないです

別名のサントメインコの名前の由来は、ヴァージン諸島のセント・トマス島(ポルトガル語で「サン・トメ」)が産地だったことです。ただ、原産地は異なり、ベネズエラのキュラソー島だったりします。

■チャノドメキシコインコの性格

チャノドメキシコインコは、コガネメキシコインコなどのクサビオインコ属共通で、活発で陽気な性格です。クサビオインコ属のため、おっとりとして優しい性格ですが、意外と積極的な面もあります。一回り大きいコガネメキシコインコなどにも立ち向かい、自分たちの居場所や食事を確保します。

■カラーバリエーション

チャノドメキシコインコは10種類以上の亜種がいるといわれていますが、見分けが困難です。そのため、写真のようなノーマルタイプが一般的です。海外のWikipediaなどに亜種が紹介されています。(海外のWikipediaはこちら)

チャノドメキシコインコ(サントメインコ)の画像

チャノドメキシコインコの基本データ
中型インコ
分類:オウム目インコ科クサビオインコ属
原産:南米、ベネズエラ
体長:約25cm
体重:約80-100g
寿命:10~15年
値段:35000円~
食性:雑食性(果物や種実類・・昆虫が色々)
鳴き声の大きさ:★★★☆☆
お喋りの上手さ:★★☆☆☆

 

チャノドメキシコインコのよいところ(メリット)

・陽気な性格で、遊び好き。人にもベタ慣れになる

・他のメキシコインコよりも声は小さめ

 

チャノドメキシコインコの注意点(デメリット)

・おしゃべりは不得意

・飼育情報などが少ない

 

チャノドメキシコインコ(サントメインコ)のイケメン画像

かなり情報が少ないチャノドメキシコインコですが、東京にある鳥のいるカフェ浅草店や、掛川花鳥園などにいけば会うことができます。結構イケメンな見た目で魅力的なインコです。コニュアを飼いたいと思われている人は一度、どんな種類のインコか実物を見てみてください。

 

 

にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*