雑誌コンパニオンバードNo27が2017年6月12日発売!鳥と関わる仕事や鳥に関係する法律が特集

コンパニオンバードの表紙

2017年6月12日(月)に雑誌コンパニオンバード27号が発売されます。

まだ、Amazonでも雑誌内容について掲載されていませんが、どんな内容か調査してみました。

 

■雑誌コンパニオンバードの概要

雑誌コンパニオンバードは、人と一緒に暮らす飼い鳥・コンパニオンバードに焦点を当てた雑誌です。インコ飼育本などで有名な誠文堂新光社が1年に2冊のペースで出版しています。以前の記事で、愛鳥家の方にオススメの雑誌の1つとしても紹介しています。

文鳥・インコ飼いの愛鳥家にとって役に立つ愛鳥雑誌を紹介します

2016年にALL BIRD(オールバード)が休刊してしまったため、学研が出版する「小鳥のキモチ」と数少ない愛鳥家向けの雑誌です。

 

■コンパニオンバードNo27は「鳥さんのお仕事」特集

表紙に掲載されている特集内容の1つ目が「教えて!鳥さんのお仕事」となっています。その他にも「鳥と一緒に働きたい方、必見!」という文言もあるため、鳥カフェなどが紹介されると思われます。鳥カフェ以外にも様々な鳥と関わる仕事が紹介されるのではないかと、特集内容が楽しみです。

 

■2つ目の特集は「鳥にまつわる法律の話」

特集②として、表紙に記載されているのが、「鳥にまつわる法律の話」です。「希少な鳥さんと安心して暮らすために」と書かれていることから、ワシントン条約(サイテス)に関する内容です。

ワシントン条約は、絶滅の恐れがある野生動物を保護するために国際取引を規制する条約です。サイテスでは附属書Ⅰにリストアップされた個体は、繁殖された個体であっても、取引や譲渡で厳しい制約があります。

昨年、2016年10月にワシントン条約会議で、大型インコのヨウムがサイテスⅠ類に指定を受けました。そのため、非常に愛鳥家にとって興味・関心深いトピックです。特に、サイテスⅠ類に指定された飼い鳥を飼育されている愛鳥家の方は、一読をオススメしたい特集です。

ワシントン条約(サイテス)についてまとめた記事はこちら→ワシントン条約(CITES,サイテス)のまとめ~初心者のためのサイテス入門

 

■「おうち拝見!」などの連載内容

特集以外にも、コンパニオンバードNo27では、連載企画の「おうち拝見!鳥さんのいるくらし」もあります。今回は、セキセイインコを飼われているお家と、コガネメキシコインコ・ナナイロメキシコインコがいるお家が紹介される模様です。Facebookでも、お家にコンパニオンバード編集部の人が取材に来た投稿が掲載されていました。

 

■バードトレーナー青木愛弓氏の記事も掲載

その他、内容について調査したところ、バードトレーナー・青木愛弓氏の連載記事があることが分かりました。今回のトレーニング内容は、「愛鳥の水浴び」です。青木愛弓氏は、応用行動分析学を用いた、愛鳥との科学的なトレーニングを行う専門家です。インコのしつけに関する本も多数出版しています。

どのようにして、鳥さんが水浴びに取り組むとよいのか、水浴びトレーニング方法が楽しみです。

 

■終わりに

2017年6月12日に、コンパニオンバードの新刊が発売されます。鳥と一緒に働きたい人向けの鳥のお仕事と、希少な鳥に関する法律(サイテス)が紹介されます。特に、後者は2016年に大型インコのヨウムがサイテスⅠ類の指定を受けたこともあり、非常に関心の高い内容です。サイテスⅠ類に指定された愛鳥を飼育されている人は知一読の価値がある特集です。

その他、おうち拝見!や青木愛弓氏の水浴びトレーニングの連載など楽しめる記事が満載です。ぜひ、気になる人は、発売日に書店に行きましょう。なお、置いていない書店もあるため、発売日に欲しい人は、事前に予約しておくことをオススメします。

※Amazonでの予約はこちらからどうぞ

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*