(公式発表追記)ナチュラルペットフーズ(NPF)のシードに異物混入!エクセル(EXCEL)シリーズで確認

ナショナルペットフーズ製の鳥用フード(エクセル・小鳥の食事)から金属片の異物混入の件は天然鉱物との公式見解を発表

ナチュラルペットフーズ株式会社(NPF)が販売する鳥用シード、EXCEL(エクセル)シリーズ「小鳥の食事」などから、金属片が見つかったという情報がSNSで話題となっています。TwitterやInstagramの愛鳥家が混入していたとされる金属片の写真も公開され、拡散された情報を見た他の愛鳥家も、備蓄しているNPF製のシードを調べたところ、発見されたという報告例が上がっています。

拡散による影響は非常に大きいですが、企業側の発表・対応は少し時間がかかるため、紹介したいと思います。ただし、こうした情報でパニックになり、一斉に企業側へのクレームを行うと企業側もパンクしてしまうため、冷静に対処しましょう。企業の発表を待ちつつ、もしNPF製のシードを愛鳥に与えている場合は、状況が明らかになるまで控えるようにしましょう

(2018年3月25日22時追記)

問い合わせをしていた愛鳥家に、販売元から回答があったという投稿情報がありました。その投稿によると、混ざっていたのは「鉱物」ではないかということでした。シードの材料となるアワ・ヒエの収穫時に、土や砂が一緒に収穫され、混ざった可能性が高いと思われます。

(2018年3月26日追記)

シード販売元のNPFのHP上に、異物混入に関する公式見解が発表されました。上記の昨日追記した内容の通り、今回シードの中に含まれていた異物は、「砂鉄等を含む天然鉱物」だったとのことです。混ざっていた天然鉱物は、塩土などの鳥用品にも含まれる成分ということで、小鳥が摂取した場合でも直接的に有害になる可能性は極めて低いと発表しています。

 

■NPFのシードに金属片混入の経緯

最初の情報発信元については特定できませんでしたが、拡散された情報を確認していったところ、発信元SNSはインスタグラムでした。2018年3月20日に、ナチュラルペットフーズ(NPF)が発売するシード「セキセイインコEXCEL(エクセル)」から異物が発見されたという投稿がありました。

こちらの投稿も、鍵付きユーザーの異物混入情報を見て、確認したところ、発見した模様です。その後、金属片の異物混入情報が広がり、InstagramやTwitterで拡散されました。

 

■SNSユーザーから多数報告

当初報告していたユーザーの情報拡散を受け、ナチュラルペットフーズ製の鳥用シードを使用している愛鳥家が調査したところ、磁石にくっつく異物の混入(※表現書き換え)が確認できたとの報告が多数Twitterなどで投稿されています。

これだけの報告が投稿されていることから、異物混入(※表現書き換え)は事実として捉える必要があります。

 

■磁石に反応=砂鉄などの可能性

SNS上で拡散されている情報では、磁石に反応する物体が混入しているため、金属片と判断されています。磁石に反応するということは、磁性体の性質を持つ金属になります。それらに該当する金属は以下の3種類の金属が挙げられます。

  1. コバルト
  2. ニッケル

シードに混入されている点から、収穫時に土や砂と一緒に紛れ込んだ砂鉄である可能性が高いと推測されます。

 

■金属中毒の危険性

以前インコ生活でも、金属中毒の危険性を取り上げました。

インコなどの飼い鳥の金属中毒(鉛・亜鉛・銅)について~誤飲時の症状と治療法について

この時紹介したのは、金属中毒として代表的な鉛・亜鉛・銅の3種類でした。しかし、今回異物混入の可能性がある鉄も、過剰に摂取することで鉄貯蔵病(鉄過剰症)などの、体調不良の原因にもなります。現状、多くの愛鳥家から報告が上がっている以上、NPFが発売するエクセルシリーズのシードを与えることは控えることをオススメします。

 

■冷静に対応し、企業発表を待ちましょう

こういった時、どうしても利用者は、驚きの情報に混乱してしまいます。しかし、パニックになることは避ける必要があります。まず第一に行うこととして、「自分が利用している鳥用フードの確認」しましょう。もし、NPF製シードを使用している場合は、愛鳥に与えるのは控えるようにしましょう。他社製品を使っている場合でも、念のため中身に異物が混じっていないか確認することは大切です。

また、今企業側にクレームを行うことは、企業側にも混乱が波及し、企業対応が遅れることに繋がりかねません。この段階ですでに大きな騒ぎになっているため、恐らく企業側からも何らかの発表があると推測されます。まずは冷静に、企業発表を待つようにしましょう。

 

(追記)販売元から異物=鉱物との回答

販売元の公式HPでの発表等はまだありませんが、問い合わせをしていた愛鳥家に、販売元から回答があったというInstagram上に投稿がありました。その投稿によると、混ざっていたのは「鉱物」ではないかということでした。シードの材料となるアワ・ヒエの収穫時に、土や砂が一緒に収穫され、混ざった可能性が高いと思われます。鉱物(石や土の塊)の場合、過剰摂取しなければ、金属中毒が発症する可能性は低いです

 

■(3月26日追記)公式HPで「異物=天然鉱物」と発表

販売元のNPFの公式HPに、今回の異物に関する公式見解が発表されました→「小鳥飼料に関するご報告」

  • 指摘の混入物は、原料収穫時に混入したと考えられる砂鉄等含む天然鉱物
  • 混入物は、塩土などの小鳥飼料にも含まれる成分で、有害の可能性は極めて低い
  • 製造工程で精選装置を使って選別するも、シードに酷似する場合、混ざる可能性はある
  • 今後もさらなる品質改善のため、作業の見直し・強化を図り、対策を実施

インコ生活では、該当のシード使用を控えることを推奨していました。今回、企業側の公式発表がありましたので、問題ないと判断された方は使用を再開してもよいと考えます。また、異物が心配な人は取り除く、安全性に不安を感じる人は別のシードを検討する、といった個々人の基準に従って判断いただければと思います。

 

■まとめ・終わりに

今回、ナチュラルペットフーズが発売する鳥用フード、エクセルシリーズのシードで金属片などの異物が混入している情報がSNSで話題になっていることを紹介しました。たくさんの報告例が投稿されていることから、異物の危険性はともかく、異物混入は事実であると判断されます。

ただ、いたずらに騒動を大きくすることは控えた方がよいです。まず行うべきことは、愛鳥に与えているシードが問題ないか、確認することです。愛鳥の食の安全を確保することが大切です。企業側へのクレームや問い合わせは、企業側がパンクする可能性もあるため、まずは企業からの発表を冷静に待つようにしましょう。

(2018年3月26日追記)

NPFから「異物=天然鉱物」という公式見解が発表されました。誤って摂取しても異物の危険性は極めて低いとのことでした。そのため、使用中断されている方は、使用を再開するか、異物は心配なので取り除くか、別のシードへの切り替えを検討するか、個々の基準に基づいて御判断いただければと思います。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*