ラウディブッシュのペレット詰め替え商品が登場!ペット用品会社のトムキャットが販売

2018年4月28日鳥ニュース

ラウディブッシュのペレット詰め替え版の商品が登場!ペット用品会社のトムキャットが販売

愛知県にある「トムキャット」というペット用品を取り扱う会社が、ラウディブッシュをリパックした商品を取り扱うようになりました。ラウディブッシュは2017年にPCNF社が廃業し、直輸入版に切り替わってから、在庫切れや欠品が目立つようになりました。ラウディブッシュを愛用しているユーザーは多いので、商品の安定供給に繋がれる、うれしいニュースです。

 

■ラウディブッシュの経緯

○取扱い業者PCNFの廃業

昨年2017年6月に、ラウディブッシュのペレットを取り扱っていたPCNF社が廃業しました。

20170605_inko_001

コンテナ単位でペレットを輸入し、PCNFの白いパッケージにリパックして販売していましたが、ペレットの選別に手間がかかり、従業員総出で行っていたそうです。廃業の理由として、ラウディブッシュ社のペレット供給が不安定なことが挙げられていました。

※詳細は以下の記事をご参照下さい

【鳥ニュース】鳥用ペレット「ラウディブッシュ」を輸入販売するPCNF社が廃業するとの情報!

○直輸入版に切り替え

PCNF社が廃業した結果、お馴染みの白いパッケージの製品がなくなり、メーカー直輸入版の黒いパッケージの商品に変更されました。


※Amazonリンク

直輸入版は大きさの表記が異なったり(フレーク→ニブルズ)、グラム数がPCNFの詰め替え製品より少なかったりしました。また、白いパッケージに切り替わるタイミングで、ラウディブッシュのペレットの成分が変更になりました。栄養が豊富なアルファルファと呼ばれる成分が添加され、においや風味が変化したことで、今までPCNFのペレットに慣れ親しんだ愛鳥が食べなくなる事態も起きました。

 

■直輸入版は欠品が続き供給不安

その後、アメリカからの直輸入版ラウディブッシュの輸入が不安定になり、ペットショップやネット通販でも在庫切れや欠品が発生しました。その結果、Amazonなどで定価以上で販売される事例が発生しました。ひどい出品者では、定価の10倍で出品していました。

ラウディブッシュ直輸入版の値段がアマゾンなどのネット通販で高騰

今では、ようやく輸入も落ち着き、アマゾンなどのネット通販でも取扱いが再開され、供給されるようになりました。

 

■トムキャットが詰め替え版を発売

そんな供給量が心配されるラウディブッシュのペレットに朗報がありました。直輸入版を詰め替えたリフィル商品が発売されました。

販売元は、トムキャットというペット商品を取り扱う会社です。ラウディブッシュの詰め替え版は、直輸入版ペレットのブリーダー用大容量サイズ(11.3kg)を国内で詰め替えたものです。商品説明によると、詰め替えの段階で、通常サイズよりも大きい粒が混じっており、それらはきちんと選別されているとのことです。

 

■まとめ・終わりに

今回、愛知県にあるペット用品の会社「トムキャット」が、ラウディブッシュの詰め替え商品を発売しました。ラウディブッシュは、元々輸入・販売していたPCNFが廃業した後、直輸入版の黒いパッケージの商品が店頭に並ぶようになりました。しかし、輸入が滞ったりして、在庫切れや欠品が発生した時期がありました。

ラウディブッシュの詰め替え版が登場することで、供給量の安定化につながると考えられます。ペレットは輸入商品のため、供給に不安があるのがデメリットです。こうした取扱いが増加することで、愛鳥家が安心してラウディブッシュのペレットを手に入れられるようになれば、よいと思っています。