6月15日は「オウムとインコの日」認定NPO法人TSUBASAが制定した記念日

鳥カフェ「鳥茶かふぇTORIKOYA」のオオハナインコの男の子とシロハラインコ

本日、2018年6月15日(金)は「オウムとインコの日」です!ぜひ、愛鳥家の方は、おうちの鳥さんと幸せな1日をお過ごしください。また、大切な家族の愛鳥を亡くされた経験がある方は、ぜひ供養してあげてください。

■オウムとインコの日とは?

オウムとインコの日は、6月15日になっています。

  • 6月の06がオウム
  • 15日の15がインコ

というゴロにちなんだ記念日です。

関西・大阪心斎橋の鳥カフェ「The Step up OSAKA」のキバタンの冠羽を広げた様子

2007年に認定NPO法人TSUBASAが日本記念日協会に申請を行い、正式な記念日として登録されています。すでに亡くなった鳥たちの供養とコンパニオンバードとしての鳥たちの幸せを願う日として、制定されています。

ちなみに同じ6月15日に登録されている記念日には、以下のようなものがあります。

  • バケーションレンタルの日
  • ポスチュアウォーキングの日
  • 生姜の日

 

■オウムとインコの日を記念したイベント

6月15日は、オウムとインコの日にちなんで、全国の様々な動物園でイベントが開催されます。

  • よこはま動物園ズーラシア
  • 福岡市動物園
  • 愛媛県立とべ動物園

これらの動物園では、オウムやインコに関するガイドイベントが開催されます。ぜひ、オウム・インコに興味のある方はご参加してみてください。

 

6月15日のオウムとインコの日。素晴らしいコンパニオンバードたちとの素敵な1日をお過ごしください。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*