【鳥ニュース】静岡県・浜松の火災でインコ約4000羽が犠牲に

2018年12月17日鳥ニュース

2018年12月16日(日)の15時半ごろに、静岡県の浜松市北区で火事が発生しました。発生した火災は鳥を飼育する施設にも延焼し、その施設の中で暮らしていたインコ約4000羽が犠牲になったそうです。愛鳥家にとって、非常に悲しい事故になってしまいました。

※2018年12月18日追記 火事の原因について誤った情報が含まれておりました。申し訳ございませんでした。失火原因に関する記述を修正しています。

 

浜松の火災事件の概要

浜松で発生した火災事件の概要を紹介します。2018年12月16日(日)の午後3時半ごろに、浜松市北区の引佐町井伊谷の民家で火事が発生しました。火事は鳥を育てる施設や物置小屋など少なくとも3棟を焼き、約2時間半後に消し止められました。

この火事で、建物の持ち主である78歳の男性が頭に火傷を負って病院に運ばれていますが、命に別状はないとのことでした。しかし、鳥小屋で飼育していた約4000羽のインコが火事によって犠牲になりました。

※2018年12月18日追記

当初、被害に遭われた男性が廃材を処分していたと記載しておりましたが、以下のツイートで火災の原因について情報がありました。

ケガを負った被害者の男性と、鳥小屋を運営している人は別人でした。そのため、当初の記述を削除しております。不正確な情報を掲載し、申し訳ございませんでした。

 

当日の火事についてまとめ情報

2018年12月16日の火災について以下のリンク先で情報がまとめられています。

【火事】静岡県浜松市北区引佐町井伊谷付近で火災

火事の様子が写真や動画で投稿されている情報があったので、いくつか紹介します。

 

インコ約4000羽が火事の犠牲に

今回の火事によって、約4000羽ものインコが犠牲になったとの報道がありました。これだけの数のインコなので、恐らく繁殖用のブリード個体と推測されます。ただし、愛玩用か繁殖用かまでの情報については明らかになっていません。

 

TwiiterなどのSNSの声

今回の火災で、約4000羽ものインコが犠牲になったことを受け、Twitter上ではインコの死を悼む内容のツイートが投稿されています。

 

まとめ・終わりに

2018年12月16日に発生した、静岡県浜松市で発生した火事によって、約4000羽ものインコが犠牲になったことを取り上げました。火事に対して逃げることもできなかったインコたちに哀悼を意を示したいと思います。

※当初失火原因について記述しておりましたが、正しい原因ではありませんでした。申し訳ございませんでした。火事の原因に関する記述について修正しています。

 

(2018年12月22日追記)続報のまとめ

今回の事件について、その後Twitterなどで出てきた続報で、亡くなったインコは繁殖用のセキセイインコであることが判明しました。こちらの記事で新たに入った情報をまとめています。

セキセイインコのブリーダーが火災被害!ヒナのお迎え価格高騰が危惧(静岡・浜松)