インコお世話, 鳥の病気

2019年の横浜小鳥の病院のブログで、セキセイインコのトリコモナスの感染事例が増えているとの報告がありました。元々トリコモナスは、文鳥などのフィンチに多い感染症で、セキセイインコの感染は珍しいと言われていました。今回、感染ケースが増え ...

2018年11月23日インコお世話, 鳥の病気

オカメインコのヒナが発症しやすい、くちばしが開かなくなる「ロックジョー」という病気があります。クチバシが開くことができなくなった結果、食餌ができなくなり、衰弱して死を招く恐ろしい病気です。オカメインコをお迎えしたい人は、ぜひ知ってほし ...

2018年8月29日インコお世話, 鳥の病気

以前、鳥アレルギーの危険性に取り上げました。その中で、危険なのが、「鳥関連性過敏性肺炎」と呼ばれる病気です。鳥アレルギーによって肺で炎症が起きることで発症し、咳や息切れ、呼吸困難を引き起こします。重症化すると、命にもかかわる病気です。 ...

2018年5月29日鳥の病気

インコの病気・感染症として、最も有名なものの1つにPBFDがあります。この病気は、インコやオウムだけ発症します。感染症のため、1羽が感染していると、他のインコに移る可能性があります。さらに、現在のところ予防するワクチンなども存在してい ...

2018年2月3日インコお世話, 鳥に危険なもの, 鳥の病気

今回はインコや文鳥などの飼い鳥の金属中毒について紹介します。金属中毒は飼い鳥で頻繁に起こっています。代表的な種類としては、鉛、そして亜鉛や銅などが挙げられます。これらの金属は家の中にありふれているため、特に放鳥時は飼い主の方は細心の注 ...

2017年4月10日インコお世話, 鳥の病気, 鳥ニュース

2017年4月9日に産経新聞のニュースで、鳥類から感染する「オウム病」で日本の妊婦が死亡するという国内初の事例があったと報じられました。

人獣共通感染症「オウム病」妊婦で日本初の死亡例

Yahooニュースでも大 ...

インコお世話, 鳥コラム

現在、日本で鳥インフルエンザが流行しています。2016年11月29日には、新潟県と青森県の養鶏場などの鳥を飼育する施設で、鳥インフルエンザが発生し、30万羽近くの鶏が処分されました。

鳥インフルエンザは日本ではヒトへの感染 ...