第5回トリハ展が6月7日より東京・国分寺の634展示室で開催!テーマは「トリと言葉」

鳥イベント

2019年6月7日~9日の3日間に渡って、東京・国分寺にある634展示室にて第5回トリハ展が開催されます。第5回トリハ展のテーマは「トリと言葉」で、鳥の魅力を言葉とともに感じる企画展です。たくさんの鳥クリエイターが作品を出展します。トリハ展がどのようなイベントか、紹介したいと思います。

 

第5回トリハ展の概要

  • イベント名:トリハ展・第五回「トリと言葉」
  • 日時:2019年6月7日(金)~9日(日)11:00~18:00※3日目は16:00まで
  • 場所:634展示室 Roku San Yon Tenjishitsu
  • 最寄駅:JR中央線「国分寺駅」北口徒歩5分
  • 入場料:無料
  • 主催:トリハ
  • 特徴:29組のクリエイターと7つの店舗が参加
  • イベントHP:第五回 トリハ展 「トリと言葉」ートリハ

2019年6月7日より3日間開催の第5回トリハ展「トリと言葉」

身近でありがなら神秘的な鳥たちは、様々な言葉で讃えられてきました。
今回の企画展は鳥の魅力を言葉とともに感じます。
ギャラリーにはいくつもの鳥と言葉にまつわる作品、鳥をテーマにしたグッズが並びます。

トリハ展は2015年にスタートしてから毎年開催され、今回で5回目の開催を迎えています。

 

第5回トリハ展・出展クリエイター&ショップ

第5回トリハ展には29組の鳥クリエイターが作品を出展されます。

  • URBAN SAFARI
  • amycco.
  • オクムラミチヨ
  • KiriToriSen
  • ショカ庫
  • sucre usagi
  • suzumeya
  • SocksOwl
  • tomoco
  • トリノコ
  • torinotorio
  • TONPESO
  • ネルノダイスキ
  • nolla studio.
  • BIRDSTORY
  • Parrot House
  • 東直子
  • ひであつ
  • piro piro piccolo
  • 文鳥院まめぞう
  • BECK BOOK
  • 前田ビバリー
  • ムー工場
  • Melbourne
  • mochi mochi
  • ものゆう
  • 山内史生
  • やま ゆりの
  • よしおか えり

さらに、7つのショップがお菓子やスイーツを出展します。

  • 御菓子司さかもと(和菓子)
  • 加藤けんぴ店(芋けんぴ)
  • 古書まどそら堂(古本)
  • ことり珈琲店(珈琲豆・お菓子・グッズ)
  • Vanitoy Bagel(ベーグル)
  • ラ・ブランジュリ キィニョン(スコーン)
  • LEONE DOUGHNUTS(ドーナツ)

 

様々な企画の展示が目白押し

第5回トリハ展では、様々な展示企画が予定されています。

  • 文鳥短歌(よしおか えり)×クリエーターコラボ:文鳥短歌と短歌からイメージした作品のコラボ展示
  • 聞きなし×クリエーターコラボ:聞きなし(※動物の鳴き声、主に鳥のさえずりを人間の言葉に当てはめて憶えやすくしたもの)からイメージした作品の展示
  • 愛鳥へ贈る言葉(参加型展示企画):来場者が「愛鳥へ贈る言葉」を貼って、大きな巣を作る参加型展示企画
  • 「言葉」をテーマにした参加クリエーターの展示:鳥と言葉をテーマに発想した作品の展示・販売
  • とりどりな鳥グッズ:鳥を愛するクリエーターから生まれたグッズの販売

様々な鳥に関する作品を鑑賞できるだけなく、鳥グッズを購入したり、一緒に参加できる企画も用意され、盛りだくさんな展示会です。

 

ピッコリアニマーリ「かわいいお土産展・初夏」も同時開催

さらに、イベント会場と同じ東京・国分寺にあるバードショップ「ピッコリアニマーリ」でも、「かわいいお土産・初夏」が同時開催されます。

まだ、詳細な内容については発表されていませんが、こちらもどのようなイベントか分かり次第ご紹介したいと思います。

 

まとめ・終わりに

今回、2019年6月7日~9日の3日間、東京・国分寺にある634展示室にて開催される第5回トリハ展「トリと言葉」について紹介しました。約30組のクリエイターが鳥の魅力を言葉とともに感じられる作品を展示します。さらに参加型の展示もあり、色々な企画が盛りだくさんです。ぜひ、興味ある方は会場に足を運んでみてください。