ALLBIRDS(オールバード)10月号が発売。特集はマメリルハとサザナミインコ

オールバード(ALL BIRDS)2016年10月号

インコ生活では、インターズから出版されていた「オールバード(ALL BIRDS)」が休刊するという情報をお伝えしていました。(オールバード休刊情報の記事はこちら)

そのオールバードですが、休刊前最後の号である2016年10月号が10月15日に発売されました。まだ、Amazonや、インターズーの通販サイトでも、まだ商品情報は掲載されておらず、ネットで購入することはできません。2016年10月17日現在では、鳥専門ショップなどにのみ商品が入荷している状態です。

ということで、都内のペットショップを訪問してきて、オールバード10月号を入手してきました。

オールバード(ALL BIRDS)2016年10月号

※追記情報 Amazonでも取扱いが始まりました。

愛鳥家専門誌 ALL BIRDS(オールバード)2016年10月号

 

 

休刊前最後のオールバードは、南米出身のインコ、マメルリハインコとサザナミインコが特集されています。(インコ生活のサザナミインコ紹介はこちら)

主な特集内容としては、以下の通りです。

・マメルリハとサザナミインコの歴史と色変わり
・マメルリハとサザナミインコの愛鳥家訪問
・上手な付き合い方―それぞれの特徴・性格と飼育方法について
・うちの子アンケート(飼い主アンケート)

マメルリハインコとサザナミインコの色変わり

かなりの紙面の量を割いて特集しています。この2種類の違いはまだ認知度合が低いので、マメルリハとサザナミの違いに関する記事は有益な情報です。

ただ、サザナミインコの色変わりに関する記述に、本来はターコイズであるべき品種にブルーと表記されています。日本では、ブルーという名称で呼ばれることが多いですが、できれば、色の上で正確なターコイズを用いてもらいたいです。そのほかにもスパングルという名称が記載されていますが、スパングルも日本独自の呼び方で海外ではそのような呼び方はしていないので、他の国と統一した形の表記を望みます。

 

特集記事以外にも、鳥の病気ガイドや、鳥を診てもらえる全国動物病院リストといった価値のある情報が掲載されています。これらの情報は鳥飼いにとっては読むべき大事な情報です。

少し経過すれば、Amazonなどでも取扱いが開始されるかと思いますが、早く手に入れたい方は、こんぱまるのような鳥専門店で購入できるかと思います。

巻末には、今回のオールバード休刊に関するお知らせがありました。愛鳥家雑誌が減っていくのは本当に寂しいです

 

にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*