(放送後追記)ナニコレ珍百景のインコ・オウムまとめ~日本人・外国人を見分ける、鍵開けなど

2019年1月19日鳥ニュース, 鳥メディア

2019年1月20日放送のナニコレ珍百景にオウムが登場!?

2019年1月20日(日)18時30分放送のテレビ朝日系列「ナニコレ珍百景」にオウムが登場するという情報を入手しました。

オウムのどういったポイントが珍百景なのか?実は日本人と外国人を見分けることができるオウムとのことです。

※(放送後追記)ナニコレ珍百景が放送されました。登場したオウムは過去の放送で登場したオウムでした。放送された内容を追記しています。

 

テレビ番組情報でオウム出演を発見

2019年1月20日(日)18時30分~19時58分に放送されるテレビ朝日系列のバラエティー番組「ナニコレ珍百景」でオウムが登場するという情報を発見しました。番組の公式サイトの次回予告には以下の情報しか掲載されていません。

テレビ朝日のナニコレ珍百景の番組公式HPの次回予告にはオウムの情報なし

※出典:ナニコレ珍百景|テレビ朝日

しかし、インターネットのテレビ番組表の「テレビ王国」の番組情報にオウムについて記載(赤線部)がありました。

テレビ王国の番組情報のナニコレ珍百景でオウム出演情報が掲載

※出典:テレビ王国

 

青森県の珍百景としてオウムが登場

テレビ王国の番組情報によると、オウムは青森県の珍百景として登場するとのことです。どのような珍百景というと、「外国人と日本人を見分けて声をかける」そうです。

オウムなどの鳥類は、哺乳類よりも視覚が優れており、紫外線などの人間と異なる色まで見えています。そうした優れた視覚能力から日本人かそうでないかを見分けることができるようになったのかもしれません。どれぐらい正確に見分けることができるのか、気になるポイントです。

視覚に優れたオオバタン

SNSなどを調べましたが、今のところ、ナニコレ珍百景にオウムが登場するという情報は発見できませんでした。どの種類のオウムが登場するのか、とても楽しみです。

 

過去のナニコレ珍百景でもオウム・インコが登場

なお、ナニコレ珍百景には、以前にもオウム/インコが取り上げられたことがありました。

※新潟・樽ケ橋遊園のオウムは亡くなったそうです。

ぜひ、今回登場する青森県のオウムも珍百景に認定されてほしいです。

 

(放送後追記)日本人と外国人を見分ける映像が紹介

今回紹介された日本人と外国人を見分けるオウムは、約8年前に放送された映像でした。

今回、「その後が気になる珍百景」として紹介されました。映像から登場したオウムは「シロビタイムジオウム」と推測されます。

8年前の放送では、外国人があいさつすると「ハロー」と挨拶していました。

しかし、日本人が「ハロー」と言っても、日本人と区別して「こんにちは」と挨拶を交わしていました。

さらに、外国人が「こんにちは」と挨拶しても「ハロー」と挨拶を返していました。

専門家の解説で発見、オウムは高い知能を持つ生き物なので、肌の色や顔の雰囲気で日本人か外国人かを判断しているのではないかとのことでした。

ネプチューンの名倉さんの写真を見せたらどうなるか、試したところ、お喋りせず、鳴き叫んでいました。

8年経過した今でも、元気に言葉を話して、過ごしているそうです。

 

珍百景で放送されたインコ映像まとめ

ナニコレ珍百景では、インコやオウムの映像が多数取り上げられています。

そこで、珍百景の放送をまとめています。

2019年10月20日 栃木の歌うとマイクにとまる鳥

栃木の珍百景は、人が歌っているマイクが大好きなセキセイインコでした。

カラオケ店でお客さんがマイクで歌っていると、飛んできてマイクに乗ってきます。

歌っていないときのマイクには興味がなく、歌っているときだけマイクに興味を持つそうです。

さらにしゃもじなどで歌を歌っていてもセキセイインコは飛んでくることはありませんでした。

中村雅俊さんがインコをナニコレ珍百景として投票してくださっていました。

2019年11月10日 佐賀・鳥栖の呼ぶと来るインコ

佐賀のペット自慢の珍百景として放送されたのは、推定16歳の高齢のコザクラインコでした。

ラブバードなので飼い主さんが大好きみたいで、ご主人が呼ぶと歩いてきます。

飼い主さんが指でトントンと鳴らすと、ケージの中からよいしょと出てきて、飛ばずにトコトコと歩いてくる様子がかわいい映像でした。

今回は犬や猫の珍百景を抑えて、出演者3人中2票獲得し、動物珍百景に登録されました。

2020年5月24日 広島の鍵を開けるオウム(再放送)

広島の珍百景として放送されたのは、ホームセンターにいるオウムでした。

このオウムはダイヤル式の南京錠を見事に解錠して、ケージの中から出てきます。

番号を覚えているわけでなく、解錠する番号を変更しても見事鍵を開けてしまうそうです。

どうやら、鍵の番号のときの感触や音を理解していて、開けられると考えられています。

2020年7月26日 兵庫のミニチュアの街で生活するインコ

兵庫県の珍百景として紹介されたのは、おままごとするインコです。

オカメインコとウロコインコの2羽が登場しました。

ミニチュアで料理を楽しむ様子やスケボーを乗りこなす動画が紹介されました。

きちんと横断歩道を渡るための旗を持って渡るなど交通ルールを守っている様子が可愛かったです。

学校のロッカーのミニチュアで上履きを出したり、くじ引きでガラガラを回したり、くす玉を割ったりとまるで人間のようなインコでした。

出演者全員一致で珍百景登録されました。

2020年8月9日 和歌山の関西弁インコ

2020年8月9日放送の珍百景では「しゃべる動物」が取り上げられる予定で、その中で和歌山から関西弁を話すインコが登場予定です。

今回はローリーのヨダレカケズグロインコが登場しました。

インコの写真を見ながら「ええなぁ」や、夜寝る前に「おやすみやで」といった関西弁をおしゃべりしていました。

飼い主さんが関西弁をしゃべっているため、それを真似したとのことです。

見事3人から珍百景の評価を受け、珍百景登録に成功しました。

2020年8月9日 愛媛の夫婦の会話を真似するヨウム

さらに、愛媛県の松山市からはおしゃべりが上手なヨウムが登場しました。

ただいまと呼びかけると「おかえり」と返してくれます。

飼い主さんが口ずさんだ歌も覚えており、鳩ぽっぽやいとまきのうたを歌っていました。

飼い主さんの会話も覚えて、電話の受け答えや飼い主さんが怒ったときの口癖を真似して喋っていました。

こちらも見事3票獲得し、珍百景登録されました。

 

まとめ・終わりに

2019年1月20日(日)の18:30~19:58に放送予定のテレビ朝日系列「ナニコレ珍百景」で、外国人と日本人を見分けて声をかけるオウムが登場するという番組情報がありました。

以前のナニコレ珍百景にもオウム・インコが登場したこともあり、今回のオウムはどれだけ正確に日本人と外国人を識別できるのか非常に楽しみです。

ぜひ、日本人と外国人を見分けるオウムに興味のある方は、1/20のナニコレ珍百景をご覧ください。見逃さないために録画予約がオススメです。