【公判日確定】インコ虐待犯・坂野嘉彦への厳罰を求める署名活動にご協力ください!

2019年8月6日鳥ニュース

インコ虐待犯・坂野嘉彦に対し、厳罰を求める署名活動にご協力下さい!

2019年7月に名古屋市でインコを虐待した動物愛護法違反で逮捕された坂野嘉彦に対し、厳罰を求める署名活動が行われています。ぜひ多くの人々の声を名古屋にある裁判所に届けるため、署名活動を紹介したいと思います。

※坂野嘉彦の公判日が2019年9月11日(水)に決定しました。ぜひそれまでに、ご署名をお願いいたします。

 

坂野嘉彦がインコ虐待で逮捕

2019年7月18日に、インコを虐待した動画や画像をTwitterにアップしていた坂野嘉彦(34・無職)が、動物愛護法違反の罪で逮捕されました。

坂野嘉彦は、まだ幼鳥のセキセイインコやオカメインコに数々の残虐非道な虐待を行い、多くのインコの命を奪いました。

※インコ虐待事件の経緯については下記の記事でまとめています。

【鳥ニュース】Twitterインコ虐待で名古屋市の坂野嘉彦が逮捕!虐待事件の経緯まとめ

 

動物虐待では執行猶予付または罰金刑が大半

坂野嘉彦が警察に逮捕され、動機や供述内容に偽りが含まれるものの、本人もインコを虐待したことを認めています。そのため、次に裁判所による公判に進みます。

しかし、残念ながら、動物愛護法違反のほとんどは執行猶予付きや罰金刑などで、懲役刑の実刑判決は出ていません。

今回の坂野嘉彦の公判は、通常の地方裁判所ではなく、簡易裁判所で行われます。実刑が出る可能性は極めて低く、罰金刑になる可能性が高いです。

 

坂野嘉彦に対し厳罰を求める署名活動

そうした状況を受け、坂野嘉彦に対して厳罰を求める署名活動が行われています。署名活動にはWeb上でできる署名と、嘆願書を裁判所に送付する署名の2種類があります。

Webと紙それぞれどのように署名を行うか紹介します。

Webによる署名の場合

Webの場合、オンライン署名サービス「Change.org」にて署名の呼びかけが行われています。

名古屋地方検察庁-インコ虐待犯坂野嘉彦の厳罰を求めます

署名は下記事項を入力し「賛同」ボタンを押すと完了です。Web上で完結するため、簡単に署名活動を行うことができます。

 

紙の書類による署名の場合

紙の書類についてはWebに比べると少し手間がかかる反面、裁判所にダイレクトに届くため効果が期待される署名です。

嘆願書ひな型(1人分用)

嘆願書ひな型(複数人分用)

こちらは有志の愛鳥家の方が裁判所に提出できる嘆願書のフォーマットを作って下さいました。以下の手順で、嘆願書を送ることができます。

  1. 嘆願書フォーマットを印刷
  2. 氏名、住所を記入し、印鑑を捺印
  3. 以下の送付先に郵便で送付

送付先

  • 住所:〒460-0001 愛知県名古屋市中区三の丸1-7-1
  • 宛先:名古屋簡易裁判所刑事係書記室(御中)

※住所についてその後正しい情報が発信されたため追記しました。

第1回の公判手続期日までに嘆願書を提出する必要があります。紙の嘆願書を提出する場合は、お急ぎください。

 

(2019年8月9日追記)坂野嘉彦の公判日が9月11日に決定

未確定だった坂野嘉彦の公判日が確定しました。2019年9月11日の午前10時より、名古屋簡易裁判所で行われます。

簡易裁判所は、特別な罪の場合を除き、基本的に罰金刑の判決が下されてしまいます。

署名や嘆願書送付を行っても、判決が厳罰になる可能性は低いかもしれません。

しかし、坂野嘉彦がたくさんのインコを残虐な手口で虐待し、死に追いやったことは罰金刑では軽すぎます。

坂野の行為の罪深さをしっかり裁判所にアピールする必要があると考えます。

 

まとめ・終わりに

今回、インコ虐待犯の坂野嘉彦が簡易裁判所での公判になり、罰金刑の可能性が高まったことを受け、厳罰を求める署名活動が行われていることを取り上げました。

様々な方法で多くのインコを苦しめて命を奪った坂野嘉彦には実刑判決が妥当です。しかし、現状のまま公判が進むと、罰金刑になる恐れがあります。

坂野嘉彦には犯した罪に対し、相応の罰を受けてもらわなければなりません。そのために、Webと紙の署名活動にご協力ください!