インコなどの飼い鳥用ステンレスケージのメーカーまとめ~HOEI・SNAKO・ハチコウ

インコお世話, インコお迎え

ステンレスケージのメーカーHOEI・SANKO・ハチコウの種類まとめ

インコやオウムなどを飼育するため必要なケージは、大半が金属製でメッキなどが施されています。しかし、金属製のケージはメッキが剥がれ、錆びたりすると、愛鳥にとって有害になります。そこで、安全性の高いステンレスケージについて、各メーカーから愛鳥用に発売されているもの商品をまとめてみました。

 

ステンレスケージは金属中毒などの危険性が少なく安全

一般的なインコなどの飼い鳥用のケージは、鉄でできており、メッキ加工や塗装されています。しかし、経年劣化によって、メッキや塗装が剥がれたり、さらに水洗いなどで錆びていきます。劣化したケージをインコがクチバシでかじったりすると、悪影響を及ぼします。

それに対して、ステンレスケージは、鉄にクロムなどを混ぜ合わせた合金でできています。ステンレスは強力な被膜に覆われており、鳥がかじっても安心です。もし被膜が剥がれても空気に触れているうちに、再び被膜が生成される特徴があります。適切に管理を行えば、長年使っても、サビといった劣化が起きにくいです。

HOEIのステンレスケージはインコやオウムに安全なケージ

そのため、金属製のケージと比較してもインコにとって安全性が高く、飼育本などでもオススメされています。

 

鳥用ステンレスケージはラインナップが少なめ

ただ、インコやオウム用のステンレスケージを製造・販売しているメーカーは少なく、調べたところ、以下の3社のみです。

  1. HOEI(豊栄金属工業)
  2. SANKO(三晃商会)
  3. ハチコウ

それぞれのステンレスケージのメーカーの商品ラインナップを紹介してきます。

※特大ケージや特注ケージなどは対象外としています。

HOEI(豊栄金属工業)

1.35手のり ステンレス(フィンチ、小型インコ向け)

  • サイズ:370 × 415 × 545mm
  • 重さ:3.4kg
  • ワイヤーピッチ:11mm(網と網の間隔)
  • 線径(ワイヤーの太さ):1.8mm

小型サイズのインコや文鳥などのフィンチにオススメのHOEI製ステンレスケージです。オカメインコなどの中型インコの場合、移動時に尾羽が当たりやすく、少し手狭です。

2.465オカメ ステンレス(中型インコ向け)

  • サイズ:465 × 465 × 580mm
  • 重さ:5kg
  • ワイヤーピッチ:15mm(網と網の間隔)
  • 線径(ワイヤーの太さ):2mm

2018年5月にHOEIから新発売されたステンレスケージです。オカメという名前の通り、オカメインコなどの中型インコを対象としたサイズで、横幅や奥行き・高さも、小型インコ用の「35手のり」よりも広くなっています。

3.465オウム ステンレス(中型インコ~オウム向け)

  • サイズ:465 × 465 × 660mm
  • 重さ:6.5kg
  • ワイヤーピッチ:22mm(網と網の間隔)
  • 線径(ワイヤーの太さ):3mm

オウム用のステンレスケージです。サイズが大きく、クチバシの嚙む力が強いオウムを対象

SANKO(三晃商会)

イージーホームバード 37ステンレス(フィンチ・小型インコ向け) 

  • サイズ:380 × 430 × 520mm
  • 重さ:3.4kg
  • ワイヤーピッチ:11mm(網と網の間隔)

SANKOが発売するステンレスケージです。HOEIの35手のりと類似したサイズです。2018年8月にメーカー販売は終了し、現在在庫分のみ販売しています。バード&スモールアニマルフェア2018に出展していたSANKOの方によると、新製品を開発中とのことでした。

 

ハチコウ(市瀬)

あまり聞きなれないメーカーですが、こちらもステンレスケージを販売しています。

※Amazonでは、市瀬というメーカー名で業務用ステンレスケージとして販売

1.ステンレスケージM(中型インコ用)

  • サイズ:440 × 600 × 540mm
  • 重さ:7.4kg

業務用のステンレスケージのため、しっかりとした作りです。底敷のサイズが新聞紙1枚ちょうど入る大きさのため、掃除が便利なステンレスケージです。

2.ステンレスケージL(大型インコ用)

Mサイズよりも一回り大きいLサイズのステンレスケージです。大型インコも飼育可能なサイズです。ただ、その分重量は重くなり、10kgを超えます。

 

まとめ・終わりに

今回、各ケージメーカーから発売されているステンレスケージについて紹介しました。ステンレスケージを販売しているメーカーは少ないのが実情です。

HOEI,SANKO,ハチコウの中では、長年ケージを製造続けてきたHOEIが、製品の種類も豊富でした。小型インコ、中型インコ、オウムとそれぞれに適したタイプのラインナップがありました。

ステンレスケージの値段は高いですが、その分、一般的な金属製ケージよりも安全性は高いです。ぜひ、ステンレスケージを検討する際は、3社の製品をご検討ください。