ネギや玉ねぎ、ニラなどのネギ類はインコに有害!少量でも中毒症状に要注意

インコお世話, 鳥に危険なもの

インコが食べてはいけない野菜にねぎやタマネギなどのネギ類

インコなどの飼い鳥に与えてはいけない野菜として、ネギやタマネギ、ニラなどのネギ類があります。ネギ系の野菜は、インコ飼育本で必ず、食べてはいけない食べ物と記載されています。また、これらの野菜は、鳥以外の犬や猫でも食べると、中毒を引き起こす危険な食べ物として知られています。今回、ネギ類の危険性について紹介したいと思います。

 

ネギ類に含まれる野菜の種類

ネギ類と言われる野菜には以下の種類が含まれています。

  • ネギ
  • たまねぎ
  • ニラ
  • ニンニク

インコが食べると危険なネギ類にはネギ・玉ねぎ・ニラ・ニンニクなどが含まれる

いずれのネギ類も、料理などにもよく使われる食材なため、愛鳥家の家の中にあることが多い野菜です。

 

ネギ類をインコに与えてはダメな理由

南米原産のコニュア・コガネメキシコインコのペア

玉ねぎやニンニク、ニラ、長ねぎといったネギ類を与えてはいけない理由は、野菜に含まれる成分が中毒を起こすと言われているからです。インコの飼育本には、インコに与えてはいけない食べ物が紹介されていますが、ほとんどの飼育本でネギ類の野菜を与えてはいけないと記載があります。鳥を専門とする動物病院が運営する情報サイトでも、インコにNGな野菜として、ネギ・玉ねぎが記載されています。

また、インコだけでなく、犬や猫などの他の生き物でも、玉ねぎなどを含んだ人間の料理は絶対にあげてはいけません。

タマネギやネギは犬に絶対に与えてはいけない

 

硫化アリル・アリルプロピルジスルファイドが血液の赤血球に作用

玉ねぎ・ネギに含まれる中毒成分は、「硫化アリル」または、「アリルプロピルジスルファイド」と呼ばれるものです。タマネギでは、包丁で切っているうちに、涙が出る原因の物質です。

タマネギなど切ると涙が出る成分がインコに有毒で、中毒症状を引き起こすとされている

アリルプロピルジスルファイドは、血液中のヘモグロビンと呼ばれる赤血球に作用します。インコが誤ってネギ類を食べてしまうと、アリルプロピルジスルファイドが溶血作用を引き起こし、中毒症状が発症するといわれています。

 

インコなどの飼い鳥での中毒事例の学術論文・報告はなし

なお、ネギ類の中毒は、犬や猫などのペットでは、中毒を発症した事例は、非常に多いです。しかし、インコなどの鳥類においては、ネギ類の中毒症状を発症したという臨床報告や学術論文は報告されていません。そのため、インコなどの飼い鳥が発症する病気についてまとめられている「コンパニオンバードの病気百科」でも、ネギ類に関する中毒症状は記載されていません。

ネギに含まれる硫化アリルが中毒症状を引き起こす

インターネット上でも、インコがネギを誤って食べてしまったという報告は見かけましたが、中毒症状を発症し、死亡した事故の情報は見つかりませんでした。しかし、ほとんどの獣医師が食べてはいけないと見解を示しています。そのため、ネギや玉ねぎなどのネギ類はインコには与えてはいけない方が安全です。

 

インコに安全な野菜を副食として与えましょう

インコだけでなく、他の種類のペットでもそうですが、ついつい人間が食べられる野菜だからと安易に与えてしまうケースがあります。しかし、人間と鳥とは身体の大きさや構造も大きく異なります。そのため、人間には安全な野菜でも、鳥にとって有毒な野菜が多く存在しています。

もちろん、インコに副食を与えることは大切なので、そういった場合は、小松菜などの鳥への安全性が確認されている野菜をあげましょう。

 

まとめ・終わりに

今回、インコに与えてはいけない野菜として、ネギ・玉ねぎなどのネギ類を紹介しました。ネギ類に含まれている硫化アリル・アリルプロピルジスルファイドが、血液に作用して中毒症状を引き起こします。現状では、インコがネギや玉ねぎを食べて中毒症状になった事例や報告は見つかりませんでしたが、インコの飼育本や、鳥が専門の獣医師もネギ類の野菜は危険とコメントしています。そのため、与えるのは控えましょう。また、玉ねぎなどは家の中にあることも多いの、でインコの手(くちばし)が届かないところに保管しておきましょう。

人間が食べられる野菜でも、鳥類にとっては危険な野菜はネギ類も含め多数あります。鳥の食事に副食として野菜を与えることは大切です。しかし、安易に人間が食べている野菜を与えるのではなく、鳥への安全性が確認されている小松菜などの青菜を与えるようにしましょう。