【追記】フジテレビ「川柳四天王」でインコを空に放つ不適切な川柳が出題!愛鳥家から抗議の声

2021年1月7日鳥ニュース, 鳥メディア

フジテレビ系列で2021年1月5日に放送された「川柳四天王復活!新春SP」で紹介された、インコに関する不適切な川柳が波紋を呼んでいます。

インコを空に放つという動物遺棄の犯罪行為を助長するような川柳に、多くの愛鳥家から抗議の声が挙がっています。

※(2021年2月21日追記)フジテレビ系列の関西テレビで2月21日、川柳四天王が再放送され、不適切な川柳もそのまま放送されました。

たくさんの愛鳥家の方が抗議の声を挙げたにも関わらず、系列局で再放送されたことがとても残念でなりません。

 

フジテレビ「川柳四天王」の放送内容

2021年1月5日(火)の19:00より、フジテレビ系列にて「今夜はナゾトレ 川柳四天王復活!新春SP」が放送されました。

放送では川柳の問題が出題され、空白になっている箇所を穴埋めするクイズ形式となっていました。

その中でインコに関する川柳の問題が出題されたのですが、その内容が不適切な内容でした。

「カゴあけて インコが脱走 □□□□□」という出題で、□部分に当てはまるのは「羽のばし」でした。

出題の解答が発表されたあとの映像では、以下のような発言がありました。

「カゴの中 窮屈だったのかなぁ」

「のびのび幸せそうに飛んでいる」

あたかもインコがカゴの中に入れられて可哀想、外を飛ぶことが幸せであるかのような、視聴者に誤解を招く放送内容でした。

 

多くの愛鳥家から抗議の声が殺到

フジテレビ「川柳四天王」の放送を見た愛鳥家からは、その動物遺棄とも言える行為を肯定するような川柳の出題に対し、抗議の声が多数挙がっています。

※フジテレビのTwitter公式アカウントに寄せられた投稿です。

「インコを空に放つ」が愛護動物の適切な飼育から逸脱している不適切な行為であることに対し、たくさんの愛鳥家がフジテレビに抗議しています。

 

インコを空に放つと迎える結末

インコを空に放つとどうなるのでしょうか?

元々鳥かごやケージの中で生活し、飼い主からごはんやお水を与えられて育っているインコは、自分でエサを取ることができません。

今まで家の中でしか生活していなかったので、どこにエサがあるかなど分かりません。

家の外にはネコやカラス、その他の捕食生物などがたくさん生息しており、そうした天敵からも命を狙われます。

カラスの写真。インコ・オウムAI判定ツールでは、インコ・オウムではないと正解

その結果、飼い鳥のインコを空に放った結果、迎えるのは死しかありません。

すわなち、インコを故意に空に放つことはインコを死なせることを意味します。

 

インコを外に出すのはNG

先程紹介した通り、インコを空に放つことはすなわち死を意味します。

そのため、飼育しているインコを外に放つのは絶対にNGです。

特に冬の季節は、厳しい気温にさらされるのに加え、食べ物を得られないため、1日と生きられない可能性が高いです。

かごやケージから出して室内で放鳥する際は、必ず窓や扉が開いていないか確認しましょう。

 

(2021年2月21日追記)関西テレビで問題の川柳が再放送

2021年2月21日の12時から、フジテレビ系列(FNN)の関西テレビで問題となった川柳四天王の放送回が再放送されました。

多くの方から指摘があったインコを空に放つ川柳についてもカットされることなく、そのまま映像が流れました。

「インコを空に放つ=幸せ」と誤解を招くような川柳の表現だったため、たくさんの愛鳥家が番組やフジテレビに意見や抗議したにも関わらず、そのまま川柳が再放送されたのは残念でなりません。

今回再放送したのは、フジテレビではなく系列局の関西テレビです。

しかし、キー局であるフジテレビが問題ある放送を展開することは良識を疑いますし、いかがなものかと考えます。

インコを空に放つことがインコにとって幸せという誤った認識を広めないよう、多くの愛鳥家が意見・抗議したことがまったくテレビ局に届いていなかったことが残念でなりません。

 

まとめ・終わりに

今回、フジテレビ系列で1/5に放送された「川柳四天王」で、インコに関する不適切な出題があったことを紹介しました。

多くの人が見ているテレビ放送は非常に影響力が大きく、放送を見た人は「カゴの中は窮屈で、外を飛べるほうが幸せ」と誤解する可能性があります。

実際にはそれまで外で暮らしたことがないインコが外に出ることは死を意味するため、動物遺棄にも等しい行為です。

今回の愛鳥家からの抗議を受け、こうした誤った認識を広める放送が行われないことを願うばかりです。

※2月21日はフジテレビ系列の関西テレビで再放送され、問題の川柳が再び放送されました。

多くの愛鳥家が誤解を広めないよう意見を訴えたにも関わらず、平然と再放送するテレビ局には不信感しかありません。