小鳥のお世話「日光浴」のまとめ~日光浴の効果と適切な方法・注意点

インコのお世話「日光浴」効果と方法まとめ

今回は、鳥のお世話で定期的に必要な『日光浴』について解説したいと思います。

人間が健康的過ごすためは、日光浴が必要と言われています。それと同じように、インコにも日光浴が必要です。ただ、間違った日光浴の方法は逆にインコの体調を悪化させることになります。インコが健康に過ごすために、適切な方法で日光浴を行いましょう。

 

■なぜ、日光浴するのか。

ケージは日当たりのよすぎる場所はよくない

日光浴する理由としては、以下の3つが挙げられます。

  1. インコが規則正しい生活リズムをつくるため
  2. インコに必要な栄養素をつくるため
  3. ストレス解消のため

1点目は、鳥も日の光を浴びることで、一日の始まりを感じ、体内時計をセットします。もし、日光を適切に浴びなければ、生活リズムを崩す可能性があります。

2点目は鳥に必要な栄養・ビタミンを確保するためです。インコは日光浴することで、体内でビタミンD3を生成します。日光浴が不十分だと、このビタミンD3が不足します。ビタミンD3はカルシウムの吸収を助ける働きがあります。そのため、もし、ビタミンD3が不十分だと、カルシウムを摂取しても体内に吸収できず、カルシウム欠乏症にもなります

3点目は、普段見ない景色を見たり、外の空気に触れること、日光浴することによって、ストレス解消になります。

 

■適切な日光浴の方法

  • 日光浴は、屋外または、網戸越しに(ガラス越しでは効果が少ない)
  • ケージからは出さずにケージのまま日光浴でよい
  • ケージ全体に直射日光を当てないように、日陰の部分を用意
  • 一日30分程度
  • 頻度はできるだけ毎日(冬場は、気温を見て)

 

日光浴は、基本的に屋外のイメージがありますが、必ず屋外で日光浴させる必要はありません。ただし、ガラス越しだと日光浴で必要な紫外線など種類の光が、ガラスで遮断されることがあります。そのため、網戸越し、または、遮光カーテンではない、光を通すカーテン越しに行ってあげましょう。日光浴はケージのままで問題ありません。

また、ケージ全体が直射日光に当たっていると、インコが日射病・熱射病になり、逆に体調不良になります。そのため、直射日光が当たらない空間を作ってあげてください。

日光浴の頻度は、インコが好めば、毎日30分程度したいと言われています。ただ、冬場は外の気温が寒い場合は、寒さに震えることになるため、オススメできません。また、夏は逆に熱すぎると熱射病になるため、できるだけ涼しい朝方などの時間帯と、日光浴の時間を少し短くするなど工夫が必要です。

 

■日光浴で気を付けたい注意点・ポイント

  • 直射日光に当たらないようにする
  • 必ず日陰の部分を用意する
  • 日光浴中は鳥から絶対に目を離さない
  • 猫やカラスなどの天敵に気を付ける
  • 絶対にケージを開けない、可動部にはナスカンなどでロック

これらは、①鳥が日射病などで体調不良にならないようにするため、②外敵にインコが襲われないようにするために、飼い主が気を付けたい注意点です。

また、日光浴で屋外に出ているときに、不注意でケージのトビラを開けてしまうと、インコが飛び出して迷子になることもあります。日光浴の際は、扉や水入れの可動部が動かないよう、ナスカンなどで、ロックしておきましょう。最近はよくツイッターやfacebookでも迷子のインコ情報がよく流れます。大切な家族であるインコを迷子にさせないため、日光浴の際は十分な注意を払いましょう。

 

■まとめ・終わりに

インコやオウム、文鳥などの飼い鳥にとって、室内で過ごすことが多いので、日光浴が必要です。日光浴によって、生活のリズムを正しくし、必要なビタミンDを体内で生成、さらにストレス解消につながります。ただし、誤った方法で行うと逆に体調の悪化を招く恐れがあります。さらに、天敵の猫やカラスに襲われる・迷子になることもあります。そのため、しっかり適切な方法で、注意して日光浴を行いましょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*