【鳥ニュース】匿名掲示板にインコを虐待した画像をアップ!動物愛護法違反の非道な行為

2chのような匿名掲示板にインコを虐待した画像が投稿される

匿名掲示板にインコを虐待した画像をアップロードするユーザーが現れ、TwitterやFacebookなどのSNSで話題になっています。アップされた画像はどれも、虐待に当たる行為で、動物愛護法違反の犯罪行為です。虐待行為を行った人物は逮捕され、裁き・罰則を受けなければいけません。

※掲示板には、気分を害する画像が含まれています。リンク先をご参照する際はご注意ください。

 

■匿名掲示板にインコの虐待画像

インコについてやり取りする掲示板に、2018年4月6日に、あるユーザーがインコの画像を投稿したのが発端です。投稿内容には、インコへの残虐な行為を撮影した写真と、その内容に関するコメントが掲載されていました。

【閲覧注意】問題の投稿内容

※インコへの残虐行為を収めた写真が掲載されています。気持ちが悪くなる画像なので、閲覧にはご注意ください。

 

■SNSでも通報喚起

匿名掲示板にインコ虐待の画像がアップロードされたことを受け、SNSユーザーが、インコを傷つける行為をした投稿者の通報を呼び掛けました。多くの愛鳥家が同調し、違法行為の通報を拡散しています。

 

 

■明らかな虐待で、動物愛護法違反

匿名掲示板に掲載された、インコの画像を確認しました。見ているだけで、非常に気分が悪くなる画像でした。飛ぶ力をつけさせるためと称して、足を結束バンドで縛ったり、頭に人間の塗り薬を塗りつけるなど、明らかに虐待であると、断言できる画像でした。

なぜ、罪もないインコに対して、このような残虐かつ非道な行為を行えるのか、理解に苦しみます。

 

■動物愛護法違反の罰則内容

動物愛護法に違反した場合は、罰則規定が設けられています。対象となる哺乳類や鳥類、は虫類などの生き物に対し、みだりに虐待した場合、「2年以下の懲役、または200万円以下の罰金」に処せられます。

今回の掲示板の投稿者が行った虐待は、明らかに罰則が適用される行為です。

20180429_inko_021

 

■悪質なユーザーを通報する方法

ただ、このような投稿者を放置しておくと、さらなる被害を招く可能性があり、罪もないインコが命を失う恐れがあります。そのためには、こうした悪質な行為を行う人間に対しては、法の裁きを受けさせる必要があります。

先ほど紹介したSNSユーザーの投稿にもありましたが、通報制度があるので、通報する方法を解説します。

  1. インターネット・ホットラインセンターにアクセス
  2. 「どこで見つけましたか」に対し、「Webサイト」を選択
  3. 【http://futabalog.com/thread/28f1e1bd988ed058329409b126ffc1b6】を入力
  4. 詳細情報に、「インコの虐待」などを記入
  5. 通報ボタンを押下し、完了

※mailや氏名などの個人情報は必須ではありません。

ぜひ、こうした次のインコが被害に遭わないために、警察などの捜査機関が介入できるよう、通報することは大切だと考えます。

(追記)ユーザー様から、他の通報サイトとして、「セーフライン(Safe Line)」の情報を提供いただきました。インターネット・ホットラインセンター同様の手順で通報できます(匿名も可能)。複数サイトに通報することで、より迅速な対応が期待できます。ぜひ、通報の協力をお願いします。

 

 

■まとめ・終わりに

今回、ある匿名掲示板にインコを虐待した画像と投稿が掲載さrたことを取り上げました。画像を見る限り、確実に虐待であると断言できます。本当に悲しく許されない行為です。

こうした生き物の尊厳を傷つける悪質な人間が、警察に逮捕され、法の裁きを受けなければ、さらなる罪もないインコが犠牲になる可能性があります。一刻も早く、捜査機関に動いてもらうため、インターネットの通報制度などを利用し、捜査機関に介入してもらう必要があります。

いつの時代でも、このような残忍な行為をする人間は出てきます。しかし、こうした行為がなくなり、生き物が幸せに暮らせる社会になることを願っています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*