【放送後追記】1月4日の「チコちゃんに叱られる!」でインコお喋り特集!ダーウィンが来たとコラボ

2019年1月3日鳥ニュース, 鳥メディア

NHK・チコちゃん叱られる!1月4日の新春スペシャルは、インコにまつわる疑問が登場

2019年1月4日の19時30分にNHK総合で「チコちゃんに叱られる!」新春スペシャルが放送予定です。今回の放送では、インコのおしゃべりについて特集が行われます。人気番組の「ダーウィンが来た!」の協力のもと、インコにまつわる疑問が放送されます。どのような内容かまとめてみました。

※2019年1月4日追記 先ほど「チコちゃんに叱られる!」が放送されました。インコにまつわる疑問の放送内容について追記しました。

「チコちゃんに叱られる!」とは

チコちゃんに叱られる!は、NHK総合で毎週金曜日19:57から放送されているテレビ番組です。お笑い芸人のナインティナインの岡村隆史さんが出演されています。

Wikipediaによると、番組の概要について以下のような説明があります。

「好奇心旺盛でなんでも知っている5歳」という設定の着ぐるみの少女・チコちゃんが、岡村隆史さんをはじめとする大人の解答者たちに、素朴かつ当たり前過ぎてかえって答えられないような疑問を投げ掛け、解答者が答えに詰まると、チコちゃんの顔がCGによって突然真っ赤になり巨大化し、「ボーっと生きてんじゃねーよ!」の決めぜりふと共に叱られてしまい、その後専門家に取材をしたVTRを流して答えを掘り下げるという構成で進められる番組

放送終了後はSNSトレンドにハッシュタグが表示されるなど、NHKの番組の中でも、話題のバラエティー番組です。

NHK総合のチコちゃんに叱られる!

※NHK総合チコちゃんに叱られる!(リンク)より

2019年1月4日は大河いだてんとコラボ

そんな「チコちゃんに叱られる!」ですが、2019年1月4日の放送は、2019年1月スタートの大河ドラマ「いだてん」とコラボする新春スペシャルです。通常の放送時間の45分から72分に拡大され、19時30分から始まります。

番組には、チコちゃんの疑問に答える解答者の大人として、大河ドラマ・いだてんに出演される、阿部サダヲさん、綾瀬はるかさん、生田斗真さんが登場するそうです。

 

インコにまつわる疑問が特集

チコちゃんに叱られる!の疑問の1つに、インコにまつわる疑問が取り上げられます。その疑問というのは「インコはなぜ言葉をしゃべれる?」というものです。

セキセイインコの衝突しない理由の研究発表

 

ダーウィンが来たの協力・コラボ

インコがなぜ言葉を喋ることができるのか、という疑問に答えるため、同じNHK総合の番組「ダーウィンが来た!生きもの新伝説」が協力してくれたとのことです。

「ダーウィンが来た」では2013年5月に放送された、第317回「野生で解明!セキセイインコの不思議」で、読者から寄せられた「インコはどうしてお喋り上手なのか?」という疑問に対する解説が放送されました。

第317回「野生で解明!セキセイインコの不思議」(ダーウィンが来た!)

そうしたダーウィンが来たの協力によって、不思議なインコの世界が明らかになる模様です。

 

チコちゃんにことりカフェ吉祥寺も登場?(追記)

Twitterで今回の記事を紹介したところ、ことりカフェさんの公式アカウントから、ことりカフェ吉祥寺店が昨年NHKの取材を受けていたとの情報提供がありました。

ことりカフェ吉祥寺のお店の様子、外観と看板

放送確定ではありませんが、ことりカフェ吉祥寺店が紹介されるかもしれません。番組をご覧いただいて放送されるかご確認いただければと思います。

(追記)放送された結果、ことりカフェ吉祥寺の映像が紹介されました!

 

まとめ・終わりに

2019年1月4日(金)の19時30分放送予定の、NHK総合「チコちゃんに叱られる!新春スペシャル」で、インコに関する疑問が取り上げられます。同じNHKのダーウィンが来たの協力もあり、インコがなぜお喋り上手なのかという点について深堀りされるとのことです。

愛鳥家必見の番組なので、ぜひご視聴下さい。見逃さないように、番組録画予約をオススメします。

 

(放送後追記)インコのお喋りにまつわる疑問が紹介

本日1/4(金)に「チコちゃんに叱られる!」新春スペシャルが放送されました。阿部サダヲさん、綾瀬はるかさん、生田斗真さんがゲストで登場しました。1つ目の疑問は「お雑煮の雑って何」でした(元々は内臓の臓(ゾウ)だったそうです)。

その後3番目に、インコにまつわる疑問が取り上げられました。疑問の内容としては、事前に告知していた「インコが言葉をしゃべるのはなぜ?」でした。

事前にお伝えしていたことりカフェ吉祥寺の取材映像が流れ、カフェに来ていた人たちの解答は、以下の2つでした。

  • よく聞こえるから遊びでマネをする?
  • 人にあこがれている?

その後、ダーウィンが来た!とコラボした解答が発表されました。その答えは、

「飼い主を愛しているから supported by ダーウィンが来た!」

でした。「チコちゃんにダーウィンが来た!」というタイトルコールで解説映像が始まりました。

チコちゃんにダーウィンが来た!のタイトルコール

セキセイインコのタズラちゃんが登場し、チコちゃんのフレーズ「ボーっと生きてんじゃねーよ」のおしゃべりを披露しました。さらに、セキセイインコのピーポちゃんは、飼い主の女性の声に加え、飼い主の父親の男性の声もお喋りできる映像が紹介されました。

続いて「インコが言葉をしゃべるのはなぜ?」という疑問を解決するため、野生のセキセイインコが生息するオーストラリアに取材します。現地で野生のセキセイインコが大群で飛翔する映像が流れました。「野生のセキセイインコは、一度つがいになると生涯相手を変えない」という性質の紹介があり、ペアの鳴き交わしという特性がインコが言葉をしゃべる理由とのことです。

さらに鳥のコミュニケーション方法を研究する、藤宏子博士(人間総合科学大学)に取材し、セキセイインコのつがいが鳴き交わす実験結果が紹介されます。元々つがいになる前はオスとメスで声紋が異なっていたのが、つがいになって5週間経過すると、オスの声紋がメスに似てくるようになりました。これはオスがメスの声をマネするようになるからです。オスがメスの声を上手にマネするほど、つがいの絆が深まっていくそうです。

実際に、モノマネをするオスのほうがより多くの子どもを残すことができるという研究結果もあったそうです。そうした結果から、「ペットのオスのインコは、飼い主をつがい相手とみなしている。飼い主を愛しているからこそ、声のマネをするようになり、人間の言葉をしゃべるようになる」というのが、インコがお喋りする理由でした。

インコがお喋りできる要因について補足として、インコは主食である種の殻を舌を使って剥いており、舌の筋肉が分厚く発達しており、この舌が人間と似ているため、複雑な人間の言葉を発音できるそうです

阿部サダヲさんはモノマネがうまいのがモテるというのは興味深いとのコメントがあり、そのままいだてん共演中の松重豊さんのモノマネをして、生田斗真さんもドラマ「北の国から」第1話のワンシーンをモノマネしました!