【小型インコ】コザクラインコのデータ・性質・特徴について

コザクラインコ

今回紹介するのは、ラブバードの代表的種類である、コザクラインコです。ラブバードとは、パートナーに深い愛情を注ぐ鳥のことで、ペアになると、相手にべったり甘え、信頼関係を結びます。人間でもパートナーになるので、1羽で飼うと飼い主と深い関係を築くことができます。

コザクラインコは、見た目も可愛らしく、羽がとてもきれいで色鮮やかなので、非常に人気があります。その魅力に魅せられて、多くの人が虜になっているインコです。その反面、ラブバードという性質から、パートナーが別のものに接していると、愛情深さが災いし、嫉妬して攻撃的な面を見せます。

カラーバリエーションも豊富で、グリーンの体に顔が赤色のノーマルから、顔がオレンジ色のオレンジフェイスや、身体が黄色のシナモンまでとても色鮮やかです。

コザクラインコ

コザクラインコの基本データ
小型インコ
分類:オウム目インコ科ボタンインコ属
原産:アフリカ南西部
体長:15~17cm
体重:55g
寿命:7~13年
値段:8000円~
食性:穀食性(穀物や種子類が主食)
鳴き声の大きさ:★★★★☆
お喋りの上手さ:★☆☆☆☆
コンパニオンバード24号(2015年12月)の人気ランキング6位!

 

コザクラインコのよいところ(メリット)

・とても愛らしい外見と愛嬌ある行動

・非常にきれいかつ、色の鮮やかさな羽

・ペアとなる飼い主に深い愛情を注ぐ。

 

 

コザクラインコの注意点(デメリット)

・小型インコの中では、鳴き声がかなり大きい

・嫉妬深く、飼い主に攻撃的になることも
クチバシも大きく、噛まれると流血も

・おしゃべりは苦手

・複数のコザクラインコを飼うと、飼い主に興味を抱かないケースも

 

コザクラインコは、インコの中でも代表的な種類で、人気もあります。ラブバードという性質は困る面もありますが、それ以上にインコと深い関係を築くことができるという良い点があります。しっかりと一緒に過ごす時間を作り、よい関係を築きましょう。

 

にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*