NHKのEテレ「地球ドラマチック」でコンゴウインコの人工飼育と密輸インコの保護が紹介!4月22日(日)深夜24時再放送

2018年4月14日19:00に、NHK・Eテレ(教育テレビ)の「地球ドラマチック」で、「ジャングル動物病院~中米 野生動物を救え~」が放送されました。放送の中では中米のグアテマラで個体数が激減しているコンゴウインコ(アカコンゴウインコ)の人工飼育と、路線バスで密輸された野生のインコのヒナの保護が取り上げられました。最後に紹介された、人工飼育されたコンゴウインコが野生に放たれるシーンはとても感動的でした。見逃した方も4/22(日)の深夜24:00に再放送があります

 

■4/14放送の地球ドラマチックの内容

2018年4月14日(日)の19時から放送された地球ドラマチックのタイトルは、「ジャングル動物病院~中米 野生動物を救え~」でした。違法なペット取引から救助された動物にスポットが当てられました。番組では、保護されたクモザルが野生のジャングルに戻るまでの過程がメインで取り上げられました。

地球ドラマチックのクモザル

中でも動物病院のスタッフにとても懐いてしまった、ブルースと名付けられたクモザルに焦点を当てられます。

 

■人工飼育のコンゴウインコが紹介

番組では、ジャングル動物病院が行っているコンゴウインコ(アカコンゴウインコ)の人工飼育も紹介されました。中米グアテマラに生息するコンゴウインコは個体数が減少しており、ワシントン条約(CITES)でも、附属書Ⅰに含まれ、絶滅の危機に瀕しています。

20170913_inko_004

このアカコンゴウインコを人工飼育した個体を野生に戻すという世界初の取り組みが、このジャングル動物病院で行われています。人工飼育では、コンゴウインコの孵化から、雛の成長まで成功しています。番組後半で、動物病院で育った個体が野生のジャングルに放たれたシーンはとても感動的でした。

 

■密輸されたインコのヒナも

番組内では、路線バス内で密輸されたインコが保護されたシーンも放送されました。

20180414_inko_002

放送によると、違法なペット取引では、ビニール袋の中にインコのヒナが入れて運ばれるとありました。そのような過酷な環境下で、運搬中に窒息死してしまう個体が多数発生し、約7割が死亡してしまうというとナレーションがありました。

ペットとしての人気の高まりから違法な取引が横行し、野生動物が絶滅の危機に瀕してしまうという悲しい側面が紹介されました。

 

■見逃した人に朗報!4/22(日)深夜再放送

今回番組を見逃した人にも朗報です。再放送が4月22日(日)の深夜24時にあります(※実日付4月23日(月)の午前0時)ぜひ、見逃した人は再放送をご覧ください。

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*